Noh Actor Reiji Okada Official Site

岡田麗史 公式サイト

岡田麗史 (おかだ れいじ)

岡田麗史(本名:晴義、血液型:O型)
観世流シテ方能役者。銕仙会所属。
重要無形文化財総合指定保持者。
1957年、観世流シテ方故岡田朗詠の次男として東京品川に生まれる。
3歳より父に稽古を受け舞台に立ち、5歳で初代梅若猶義の能「善知鳥」の子方を勤める。
1976年、野上豊一郎記念能楽研究所を擁する法政大学文学部日本文学科に入学。西野春雄教授のゼミナールに所属し、世阿弥の伝書、能の文献学的研究をする。卒業論文のテーマは「変動期の能演出 ―歴史的変遷の一断面―」。また在学中、広末保教授の影響を受け、江戸文学、江戸文化の研究をする。1980年 大学卒業後、
八世観世銕之亟(人間国宝)に入門。
内弟子として修行を積み1986年独立。 次世代を担う能役者の一人として銕仙会を中心に活動し、海外公演や新作能・復曲能などの上演にも度々参加。
『猩々乱』『石橋』『道成寺』『山姥』『望月』『砧』『隅田川』『藤戸』『求塚』『定家』『松風』『翁』を披曲。
1997年より自己の研鑽の場として「岡田麗史の会」を主宰し、意欲的な公演活動を続ける。
またお素人のお弟子さん達の発表の場である「晴声会(せいせいかい)」を主宰している。
現在、療養中のため舞台活動は休止中だが、お弟子さんの稽古の他、品川区のボランティアとして区内の高齢者施設を巡回し、”腹式呼吸で大きな声を出して謡を一緒に謡いましょう”という活動を行っている。